サブロウの、FXトレードと自己省察の日記

FXに取り組み始めて2年半ほど、 いまだに稼げるようになっていない自分 がいます。本当に稼げるようになるためにも、自分のありようを根本から見つめなおす必要を感じ始めたためています。

昨日はクロス円の急落と急上昇に適切に対応できなかった

昨夜の10時前後だったろうか、山仕事の榊の枝の整理をしながら、
時々部屋に入って、パソコンでエントリしていたユーロ円のチャートなど見ていたら、
かなり急下降という感じで、4時間足か、1時間足が下に伸び始めた。ほかのクロス円も見てみると、ポンド円や豪ドル円も同様だった。
好機とみて、それらのペアーも次々にエントリーして、
ほかの3つばかりの口座も同様に開いて、エントリしていった。
で、1時はすごい利益がどこでも出ていた。
これはすごいことになるぞと思いつつ、
ほくほくしていた。
しかししばらくすると、
それらみなが反転上昇し始めた。
ちょっと様子見しているうちに、
遅くエントリーしたところからどんどんマイナスが膨らみ始め、
かなりの損失が出始めた。


その時点で、これはもう決済しようと判断してどんどん決済していった。
かなり稼げると思っていたのが結果的にはマイナスになってしまった。
ただ、最初にエントリーしていた口座は、何とかプラスをそこそこ維持できていたけど。
そして、以前デイトレをしていた時に、夜中の10時前後は、欧州勢だったかが、
市場に参加してきて、値動きがか発になるということを改めて思い出した。
ここ2年ほど鹿子木さん関係のスイングトレードにかかわってきていたから、
もうそのことを忘れていた。
マヨ晴れさんが、欧州市場などの参加の時期なども気を付けるように、
と言われていたけど、意識化していなかった。


でも今回はそのことで、やはり欧州勢の参加の時期とか、
意識する必要を改めて自覚した。
それと、キャプt-画像でもわかるように、
画像左側の上昇トレンドのラインでできている、
サポレジラインとよくr対応していること、
したがってこの下降の限界と、反転しての上昇の限界のポイントもかなり読めることに、
改めて気づかされた。
このことは収穫だった。


あと、昨日マヨ晴れさんの動画を見ていて思ったことだけど、
まだ稼げるまでに至っていない私としては、
今何をやるか、どういう取り組み方をするかについて、
きちんとした軸を作り、それを自分のものにすることに集中したほうがいい、
とも思った。
気の多い私はすぐいろいろ試みてしまう習性もあり、
意識が拡散しがちだからその点も自覚化しようと思った。
とりあえずは、関野さんのトレンドホローの仕方を学ぶこと、
それを自分でも意識化して自分なりのやり方を追及していくこと、
そうしようと思った。


下は昨日のその急下降、急上昇の場面のチャ-トの画像です。
矢印で加工のp範囲を示しています。
下にかなり長いひげが出ていること、その伸び切ったところではかなりの利益になっていたことその後、反転上昇したことがよくわかります。
それとサポレジラインが、良く機能していることもわかります。
いつもこうした反応をするわけではないのですが、
昨日は非常にクリアーに反応していたと思います。
こういうサポレジラインをしっかり意識して入れば、
もう少しうまく対応できただろうと思います。