サブロウの、FXトレードと自己省察の日記

FXに取り組み始めて2年半ほど、 いまだに稼げるようになっていない自分 がいます。本当に稼げるようになるためにも、自分のありようを根本から見つめなおす必要を感じ始めたためています。

今日のトレードの成績、辛抱強くまって結果が出始めたトレード

下の
EUR/AUDは7日の朝最初に売りエントリーしてから、
直ぐに上がり始めた。
しかしチャートの形からして、下がる可能性は大きいと判断していたから、
辛抱強くよくまっていた。
3日目にしてようやく、差し引きレートがー0.00043とか、
もうすぐプラスに転換するところまで来た。
ちょっとこれは、辛抱して待つことを学ぶ機会になった。
チャート、相場に形をみてそう判断してはいたけど、
しかし、このまま、今までの流れと並行するように上がっていく可能性、
遅行スパンというのでよくあるパターンになる可能性もあったから、
それを気にしつつ待った。
まだその可能性はあるかもしれないが、
何とかこのまま下降していくのではないかと思っている。
4時間足の下降の、第2波目が始まったところともいえるから、
シナリオとしウてはまだかなり下がっていく可能性はあるから、
できるだけこれはその下降についていきたい。





この下のポンド/スイスフランは,一応利益が500円を超えてきたから、
逆差しラインをぎりぎりエントリーポイントのほんの少し低いところまで下げて、
利確ラインにしたもの。
この相場は、ちょっと変形だけど、
4時間足などで見ると、下広がりのレンジの相場で、
上のレジスタンスラインにあたって下がるというシナリオを立てて、
その通りの展開になっているもの。
レンジのその形を、その下にわかるようにしておく。


PS、


投稿しようとして、このチャート見て、4時間足のチャートとでは
斜行レンジのラインと、水平のレジスタンスラインの重なっているあたりでの、
上昇から下降への方向転換が、きれいに出ている感じがある相場だ。
この選択は、自分でもなかなかいいと思う。





ところで、
最近少し、ロット数を上げることもし始めた。
やはり1ロット1000円で、気楽にやっていると、
さして損失を気にすることがないので、
その分エントリーポイントの選択が、
安易になる気がしてきたこともある。
そうすることで本当に、良いポイントをできるだけ選ぶという意識を
強化したいという気持ちもある。
探りの1ロット、これはいけると判断したら、それに2ロット追加するということで、
良いのかもしれない。


今成績みてみたら、EUR/AUDはまた少し上がり始めている。
ここはもう少し辛抱してみよう。


下に今日の成績。