サブロウの、FXトレードと自己省察の日記

FXに取り組み始めて2年半ほど、 いまだに稼げるようになっていない自分 がいます。本当に稼げるようになるためにも、自分のありようを根本から見つめなおす必要を感じ始めたためています。

今日のトレードと、自分の生活環境の整理についての考察

今日は、トレンドの3パ目ぐらいまでをエントリーの対象とすること、
その他伸びしろのないと思われる相場には手を出さないことなど、少し意識的にエントリーできた気がします。

このユーロドルの相場の4時間足のチャートは、左側のレンジのレジスタンスラインにあたって下降しtれ来て2波目で、きれいな押し目を作っているところからのエントリです。左のレンジのサポートラインを抜けて、一度反転上昇したもののまたそのサポートラインにあたって、下降し始めたところと判断できます。天井になっているところは、ダブルトップの右肩下がりにもなっており、当面の最大限の伸びしろは、左の谷底までと見立てるシナリオです。ただし現在のポイントあたりでレジサポラインの、エリアができているとも判断でき、少しもみ合いが続く可能性もあります。
そういう判断のもと、様子見ながらのエントリーです。


ps
これは見立て、シナリオが間違っていました。いや、今日足のチャートを見て、
そんなに間違ってないけど、やはり過敏に反応して、反転上昇したところで
35円くらいで利確してしまいました。でも、やはりその後も少し上昇気味ですから、
この利確はいいとします。
でも最近連敗気味です。



上のポンドドルの相場は、大きく見ると週足の下降の押し目がてんじょいうの形になっており、そこからやはりダブルトップの右肩下がりの形での下降が始まり、3波目の形のチャートのなっていること、ボトムの口のサポートラインで1度反発し、その後の小さなレジスタンスラインにあたっての下降であり、大きな流れでは週足の下降トレンドとあっておりエントリーしました。
ただこれも左側が少しもみ合っている相場で、ここから素直に下降していくかどうかは、
あまりわからないので、様子もいながら行きたいと思います。週足の最初の谷底までが、
とりあえずの最大目標です。エントリー地点当たりのもみ合いをどうぬけられるかが、
ポイントのような気もします。



ところで、今日は台風が来るということで山仕事を休み、周りのかたずけ仕事などしているので、少し余裕をもってトレードしていますが、みつしろさんなども言っている、トレードをするための環境づくりとしての、パソコン回りや、部屋の整理清掃がなかなかできません。ずーとそういう日常的な癖ができていないので、物が机の上、パソコンの前、
部屋のテーブルの意あたりに散らかしっぱなしのなっています。
整理整頓しようと頭では思っていますが、なかなかそれにかかれません。たまにきれいにしても、2,3日すると元の木阿弥になります。
これへの対処としては、まずパソコンの前に座るときに、5分か10分、パソコン周りや机の上など整理する時間を作ることだと思っています。毎日そうすることを自分のルールにまでしていくこと。毎日しないとすぐ乱雑になってしまいます。
それから物を置くところを決めて、そこに物を置くように尾すること。
少しづつそういうことを始めていますが、やはり服とか本とか、ともかくその場に投げ出したままにしてしまいます。
幼いことからそういうことは皆母に任せていたこともあり、自覚t的にそういう整理をしていくという意識が、なかなか作れません。
70年近くそうしてきているのですから、そう簡単に変わることはできないのが当たり前ですが、こうしてブログでそのさまをさらすこと、また目に付くところに作ったルールをい神に書いて貼っておくことなどして、少しづつ整理ができる自分になっていきたいです。
確かに物がどこかに行ってしまいますし、探すのに時間んがかかったりして、時間をロスしています。下がその私の、整理できていない状況の画像です。
1番目はパソコンの周り、2番目がそのパソコンの右側においてある机の上、
3番目がその部屋の背後にある、今のようなスペースのテーブルの上です。
いつかきれいにしたところを、お見せします。