サブロウの、FXトレードと自己省察の日記

FXに取り組み始めて2年半ほど、 いまだに稼げるようになっていない自分 がいます。本当に稼げるようになるためにも、自分のありようを根本から見つめなおす必要を感じ始めたためています。

トレンドの出ている相場で、細かな売り買いを入れて、トレンドホローできていない私


7月13日から、7月27日くらいまでの、
自分の行ったFXトイレードをこうして詳しく振り返り、
見つめなおすという体験は、自覚的にやるのは初めての感じだ。
FXブロードネットの口座を作ってから、
過去の私のエントリーポイントや、決済ポイントがわかりやすくなったこともあって、
時々は意識していたのだけど、そのことをこうしてチャート上に並べて、
その数値も目にしながら、詳しく見ていくと、
やはり自分のトレードの仕方がどういうものになっているか、すごく良くわかる。
今回表示した、ユーロ円の4時間足のチャートは、
実際トレードしているときは1時間足を見ながらやっていたのかもしれない。
だから余計に細かな売り買いを入れてしまったのかもしれない。
しかし他のチャートを見てもみなこんな感じなのだ。
これが今の自分のトレードの癖になっている。
チャ-トの細かな動きにすぐ反応してしまっているのだ。


関野さんなどから学んでいるやり方からすれば、理想的に言えば、
丸1のあたりでエントリーして、②のあたりで決済するという、
単純なやり方でいいのだ。
そうすればかなり大きなトロレンドホローができて、
単純計算で行けば1000円でエントリーして、2000円くらいになるということだ。
少し計算は違うかもしれないけど、たぶんそんな風だ。
何とかしてそういう方向に、自分のトレードのやり方を変えてゆきたい。



以下の画像は、上の画像が本来は下の画像の左半分の形になっているものだ。
このブログ上で読めるように、こうしてみた。


上の画像で縦にある1列目と3列目はエントリーポイント
2列目と4列目は決済ポイントです。大体そのエントリーに対応した決済ポイントになっていますが、あっていないものもある気がします。
特に下の画像でそうです。
この期間のこのペアーでは、さすがに少しは稼げています。
これをもっと大きく流していく、みていくこと。
いしんの介さんの言うように、楽観エリアを取っていくという感じにして、
あまり細かなチャートの動きに反応しないでいてもいいのだということを、
改めて思います。
ただ、こういうチャートは後から振り返って見ているものですから、
すごくわかりやすいけど、先が見えないでかかわっていく実際のトレードでは、
そう簡単ではない気もします。
自分なりのルールを作って、それに従うということにしたほうが、
安定するかもしれません。





この画像に記入してある、過去のエントリーポイントと、決済ポイントを表す、
赤と青の矢印、三角印の多さが自分にも目に付く。
これが決済ポイントではなく
増しエントリのポイントだったりしたら、凄いことになる。
そういうことも考えることができるようんびもなった。
そしてこういうきれいなトレンドを取りに行くことの大切さも、
こうして見つめなおしてみるととてもよくわかる。



ともかく学ぶこと。振り返り検証すること。
見つめなおすこと、それを大切にしていたい。
そして常に自分で考えていくこと。
いしんの介さんも、迷晴れさんも、
本当に稼いでいるトレーダーはみんなそうだ。
そしてあまりインジケーターなどに頼らないことも強調している点でも皆同じだ。