サブロウの、FXトレードと自己省察の日記

FXに取り組み始めて2年半ほど、 いまだに稼げるようになっていない自分 がいます。本当に稼げるようになるためにも、自分のありようを根本から見つめなおす必要を感じ始めたためています。

やはり安定して稼げない、その原因、辛抱できていないことなど

少し前にかなりうまくトレードがはまって、
なにか順調に稼げる感じになったことがあった。
稼げることの楽しさを、その時は味わい、
こんな風に安定的に稼げるようになったら、
すごく楽しいだろうなと思った。
そして、なんかそういう状況に近付いている気がした。


しかしここ数日は、そんな風に甘くはなく、連敗続きだった。
ほんとうにこれでは、じりじりと、少額ながらマイナスが続いてしまうと思い、
なにかもっときちんと考える必要を、改めて感じた。


で、その中のある事柄について今日は、
ちょっと見つめなおしてみた。
相変わらずの神経質すぎる、自分のトレードの仕方、
辛抱しきれず決済をしてしまうことと、
やはり、ふとした時に、ついエントリーしてしまうことなど、
まだまだあるのを改めて自覚しなおした。
ともかくネットでのトレードは、
ちょっとした値動きに刺激されて、
キーボードをポチすれば、すぐ取引が成立する。
そのことが、マイナストレードを次々と生み出して、
稼げない一つの要因になっているのだ。と思う。
ほんとうにそうした、人間にありがちな在り方を、
いわば人間の本能的な心理と行動に沿っている限り、
FXのトレードでは稼げないのだと、改めて思った。
それとやはり、押し目や戻りのエントリーポイントをしっかりとらえること。


ストキャステックを多用し始めたのは、
以前に池辺雪子さんの、逆張り手法に触れたことがあり、
そんな風になれたら、どこでも稼げるなー、
波乗りサーフィンみたいに、ただ波に乗っていけばいいなー
などと思っていたこともあり、もう一度その時の動画を見直して、
それにヒントを得てだった。
なるほどと思うところもあるけど、
トレンドの出ているところでは、トレンドに従うことということもあって、
その辺をうまく使いこなすがなかなかむつかしいのだ。
ストキャステックの、上下動は、
実際のチャートの、上下動を誇張して表示するところもあるから、
トレンドの出ているところでは、そのまま使うことはできない。


大きなトレンドが終わり、トレンド変換を見極めるにはいいが、
しかしそれがすぐに新しいトレンドに移るわけではないし、
その辺のことの見極めは、やはりでもトレードなどで練習して、
しっかり体感的なレベルまでの自分の中で体得しないと、
なかなかむつかしいのだと改めて感じている。


関野さんのトレハンFXだけに集中すればいいのかもしれないけど
関野さん自身がどんどん成長していく過程にある人だから、
手法もどんどん変わっていき、彼の動画など見ているといろいろ迷いも出てきてしまう。


まあそれはそれでいい。
いろいろ迷うことで学んでもいるのだから。
一つの守秘¥法に集中できる人もいるだろうけど、
私のようにすぐいろいろわき目を使って、
試したくなる人もいる。
そして試して見て、何が自分に合っているか自分で確かめて、
前進してうぃく、成長していくタイプもあるのだ。
やりたいようにやりながら、微調整していく。


まあそんなことを思っているけど、
基本的には、トレンドホローのやり方を磨いていくのが私の道だとは、
改めて感じている。


しかしこのFXトというマネーゲームを作り出したのは誰で、そのことで一番お金を稼いでいる人たちは、ロスチャイルドなど、巨大な金融資本を持った人たち、その組織かもしれない。多くの人たちが、お金を稼ぎたいという欲求に駆られて、結局、
ロスチャイルドなどの、巨大な金融機関にお金を貢いでいることになるのかもしれない。
ふとそんなことも思う。


ともあれ、私の問題点を明らかにする、ここ数日のトレードについて、
画像などあげておきます。



上のチャートもそうですが、下のチャートでも、かなり拡大表示しているのですが、
要は、かなり広いチャネルのトレンドラインの、上のレジスタンスラインを抜けて、
トレンドを形成しつつあると判断できる相場で、子のレジスタンスラインを抜けたことから、非常に上昇トレンドのなることが予測されるのですから、そのラインブレークの直後にエントリーして、あるいは少し上昇してまた下降した後の押し目を作ったところでエントリーして、多層下がっても辛抱してポジションを維持し続ければ、いまのポイントでも0うかなり稼げているのです。
しかしいろいろ考えすぎて辛抱しきれず、何度も毛際してまた入りなおして、マイナスを大きくしたり、利益を少なくしたりしています。この辺のこと、本気で注意深くなる必要を感じています。
大体のトレンドホローのことはわかってきている気がしますから、
ここらでこの私の稼げないトレードの癖を自覚して、押し目や戻りが十分にできたところでエントリーするとかして、損切りのラインをあまりエントリーポイントに近づけないようにして、マイナスにおなりそうなところを辛抱すること、そういうことを本格的に意識化すること、それが私に求められていると思います。



下の約定記録は、13日の朝早く、夜中に決済したところで、かなりに稼げています。
この少し前の決済でも、たぶん少しは稼げています。だから嬉しかったのですが。
その後は10連敗ぐらいしています。その辺のこと、どうしてそうなってしまうのか
ほんとうに見つめなおし必要を感じました。
それでこの文章をとりあえずかきました。